東京カテドラル聖マリア大聖堂

2010/12/14

東京カテドラル聖マリア大聖堂

東京カテドラル聖マリア大聖堂は、カトリック教会における司教座のある聖堂で、大聖堂の高さ39.4m、フジテレビや都庁の設計をした丹下健三の設計です。司教座聖堂とも呼ばれます。長である東京大司教が公に儀式を司式し、教え指導する境界です。また、日本では珍しいパイプオルガンが信者席の後方のバルコニーに設置されています。このそびえ立つパイプオルガンには圧倒されてしまいます。音色はコンサートホールとは異なる空間のもとに本来の宗教的かつ霊的な音楽が奏でられます。クリアで濁りがなく、聖堂の長い残響の中に美しく響きます。この建物を上から(空から)見ると十字架の形に見えるのが特徴です。

前のページへ:おすすめインフォメーション 次のページへ:おすすめインフォメーション

東京の観光地情報

耳より観光地情報

月別アーカイブ 観光地情報

  • スカイマーク利用 福岡発おすすめツアー
  • 耳より観光情報
  • 羽田発特選スカイマーク
  • 成田発スカイマーク
  • 千歳発スカイマーク
  • 神戸発特選スカイマーク
  • 静岡・松本・小牧・福岡発特選フジドリームエアラインズ
  • 名鉄観光ツイッター
  • 名鉄観光メルマガ登録はこちら

スカイマークについて

  • スカイマークのツアーはご搭乗の2か月前に航空券の発売となります。
  • スカイマークのツアーはご出発の5日前が最終の受付となります。
  • スカイマークは、飛行機の座席数が少ないため、お早めにお問い合わせ下さい。
  • スカイマークのツアーは2歳以上は大人となります。幼児でのご案内は1歳までのお子様となります。

このページの先頭へ

名鉄観光のグループサイト

行き先から選ぶ専門店サイト