柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)

2010/12/14

柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)

柴又帝釈天は、日蓮宗の寺で、顕経寺とも呼びます。行方不明になった日蓮がみつかったのが庚申の日だったので、庚申の日には縁日が行われます。駅から柴又帝釈天までの帝釈天参道には「男はつらいよ」や、「とらや」のモデル(撮影現場)になったとされる店をはじめ、江戸時代から続く店が連なっています。柴又七福神の一つで、駅前の地図には七福神の寺の場所が記されています。近代以降も夏目漱石の『彼岸過迄』を始め、多くの文芸作品に登場し、東京近郊の名所として扱われました。
前のページへ:おすすめインフォメーション 次のページへ:おすすめインフォメーション

東京の観光地情報

耳より観光地情報

月別アーカイブ 観光地情報

  • スカイマーク利用 福岡発おすすめツアー
  • 耳より観光情報
  • 羽田発特選スカイマーク
  • 成田発スカイマーク
  • 千歳発スカイマーク
  • 神戸発特選スカイマーク
  • 静岡・松本・小牧・福岡発特選フジドリームエアラインズ
  • 名鉄観光ツイッター
  • 名鉄観光メルマガ登録はこちら

スカイマークについて

  • スカイマークのツアーはご搭乗の2か月前に航空券の発売となります。
  • スカイマークのツアーはご出発の5日前が最終の受付となります。
  • スカイマークは、飛行機の座席数が少ないため、お早めにお問い合わせ下さい。
  • スカイマークのツアーは2歳以上は大人となります。幼児でのご案内は1歳までのお子様となります。

このページの先頭へ

名鉄観光のグループサイト

行き先から選ぶ専門店サイト